ACCESSからSTARFAXOCXを利用してFAX送信するサンプルを紹介します。
    市販のFAXソフトを使わずに送信する方法は FAXサービスで連続送信するサンプル

ACCESSからSTARFAX2000を使ってFAX送信するサンプルです。
※ このサンプルは、最新のSTARFAXには対応していません。

    WindowsXPなら標準機能だけで自動送信できるようです。 FAXサービスで連続送信するサンプル

ご希望なら、ダウンロードしてご覧下さい。
 ⇒ ダウンロード(Access97版,DAO使用,STARFAX2000用,印刷と同時にFAX送信)
 ⇒ ダウンロード(Access97版,DAO使用,STARFAX2000用,印刷に引き続いてFAX送信)
 ⇒ ダウンロード(Access2000版,ADO使用,STARFAX2002用,印刷と同時にFAX送信)
 ⇒ ダウンロード(Access2000版,ADO使用,STARFAX2002用,印刷に引き続いてFAX送信)
※「印刷と同時にFAX送信」と「印刷に引き続いてFAX送信」について
・ACCESSからSTARFAXでFAX送信する場合、以下のステップで処理が行われるようです。
  @ ACCESS側‥‥画像(TIF)ファイルを作成してSTARFAXに送信要求
  A STARFAX側‥‥上記画像(TIF)ファイルをFAX送信
・複数通のFAXを送信する場合、
  「印刷と同時にFAX送信」では、
    1通目の@の前にSTARFAXを起動しています。
    したがって、1通目の@の後、自動的にAが行われます。
    ACCESS側では、1通目の@の後、2通目の@、3通目の@‥‥を続けます。
    STARFAX側では、1通目のAが終り次第、2通目以降のAを行います。
  「印刷に引き続いてFAX送信」では、
    ACCESS側の@が全て終った後、STARFAXを起動しています。
    したがって、FAX送信はACCESS側の処理が終った後に開始されます。
・「印刷に引き続いてFAX送信」は、STARFAXを起動するタイミングが掟破りかも知れません。
・テストでは、ちゃんと動いたので、
    STARFAXを起動していなくても、送信要求は正常に行われるようです。。

●動作環境
 ・ 解凍後に作成されるファイルはAccessのMDBファイルです。
 ※ Access97またはAccess2000と
     STARFAX20002004がインストールされたWindowsパソコンで、動作します。
●操作方法
 ・ ファイルはLZH形式で圧縮されています。
 ・ 解凍後にAccessのMDBファイルが作成されます。
 ・ 作成されたMDBファイルをダブルクリックして起動して下さい。(単独で動作します)
●MDBファイルの内容
 ※ このサンプルは、送信ヘッダーWと発注明細の2つのテーブルを元に発注書をFAXする仕組みです。
     サンプルには、この2つのテーブルを設定する機能は含みません。
     テーブルを直接設定して下さい。
 ・ 送信ヘッダーW(テーブル)……FAX送信先の名称,FAX番号などを保存します。
 ※ 以下のように設定して下さい。
     コード ← 送信ヘッダーWと発注明細を関連付ける任意のコードを設定して下さい。
     相手先 ← FAXのヘッダー部に表示されます。
     FAX番号 ← FAXを送る相手先のFAX番号を設定して下さい。
     ※FAX番号だけを設定すれば2通の発注書を送信するように、予めデータが登録されています
     相手先敬称〜コメント1,コメント2 ← FAXのヘッダー部に表示されます。
     リターンコード ← Nullにしておいて下さい。
     ※FAX送信が正常に行われると、"0"が設定されます。
 ・ 発注明細(テーブル)……FAXに記載する明細です。
 ※ 以下のように設定して下さい。
     コード ← 関連付ける送信ヘッダーW(テーブル)のレコードと同じ値を設定して下さい。
     品名コード〜納期 ← FAXの明細部に表示されます。
 ・ Q_発注書(選択クエリー)……R_発注書(レポート)のレコードソースです。
 ・ F_発注書送信(フォーム)……FAX送信用のフォームです。
     ※このフォームをフォームビューで開いて[FAX送信]をクリックすると、FAXが送られます。
 ※ Autoexecなどは作っていません。
    各テーブルとモジュールの内容を設定して、フォームを開いて下さい。
 ・ B_Constant(モジュール)……定数が記述されています。
    SFW_Dir ← FAX送信用のイメージファイルを保存するフォルダを示す定数です。
    B_Constant(モジュール)の中のコーディング「Global Const SFW_Dir As String = "C:\starfax\fax"」で
    このフォルダを指定しています。
    ダウンロードしたままの設定で操作する場合、
    Cドライブ直下にstarfaxというフォルダとstarfaxフォルダのなかにfaxというフォルダを作成して下さい。
    別のフォルダを利用する場合、フォルダの指定を変更して下さい。
    ※ここに作成されるイメージファイルはSTARFAXが管理すると思われます。
    ※触らないほうがよいでしょう。
    SFW_Pathname ← 通信マネージャ起動用コマンドです。
    通常のインストールでは、STARFAX2000の場合、"C:\Program Files\STARFAX\sfwfax32.exe"
    STARFAX2002の場合、"C:\Program Files\MEGASOFT\STARFAX2002\sfwfax32.exe"でよいと思います。
    変更が必要な場合は、環境に応じて変更して下さい。
 ・ B_StarFaxConstant(モジュール)……STARFAXのリターンコードの定数が記述されています。
 ・ B_発注書(モジュール)……発注書印刷時にコードを特定するための関数です。

モジュールの構造をご理解頂くために、
  できるだけ、シンプルな構成にしています。
  参考にして頂ければ幸いです。

●その他
F_発注書送信(フォーム)には、STARFAXのActiveXコントロールが貼り付けてあります。


このコントロールは下図のようにして、貼り付けます。
貼り付けた後で、可視プロパティを「いいえ」にしておくことができます。




ご意見、お問い合わせは → 

ACCESSの使い方トップページ



〒745-0801 山口県周南市大字久米327-145
中川システム開発 ホームページ
Tel(0834)28-0205 Fax(0834)28-1272