httpサーバ経由でCSVファイルをデータベース(テーブル)に保存(Upload)できます。

エクセルなどで作った表を印刷してFAXで送るのは、オフィスでよく見かける光景です。
例えば、『発注書』,『各種指示書』,『勤怠表』,『各種実績表』などです。
FAXを送信後、用紙は即シュレッダーへ.....という資源のムダ使いをされているかも知れません。
FAXを受け取った側は、表を見ながら別のシステムに手入力することも多いと思います。
通信費,人件費,消耗品費など、必要なコストは、量に比例して増大します。
単調な作業で、急いでいるときはイライラしたり、苦痛な仕事かも知れません。
その上、転記ミスをすると、送った側受けた側、ともに悲しい事態に陥ります。
改善する方法は、ないでしょうか?

WindowsのFAXサービスや市販のFAXソフトを使うと、印刷せずに送信できます。
また、アプリケーションからダイレクトにfaxcomを使って送信することも可能です。
送る側の作業が省力化される点は大いに有効です。
しかし、受けった側のパソコンで受信した情報を使いたい場合、転記は避けられません

表をメールに添付する方法も考えられます。
確かに用紙の消費は抑えられますが、操作はかえって煩雑になります。
その上、メール特有の見落としや誤った削除などのヒューマンエラーの不安も拭いきれません。

VPN(virtual private network)を使う方法もありますが、VPNには、それなりの制約を伴います。
VPNは幅広く強力な共有を実現し、信号も暗号化された高度な機能です。
しかし、その分、回線などの負荷も高いので、1回線あたりの収容台数が制限されます。
LANと同様の共有なので、見られたくない情報を隠すことにも迫られるかも知れません。
送る側のパソコンにも設定が必要なのは、大きなハードルになることがあります。

他に、FTPによるファイル転送やデータベースの通信ポートを開けて受ける方法もあります。
どちらも通信や情報伝達の効率は高いですが、受信側のガードが甘くなります。
いったん受け取った情報を削除や変更されると、トラブルが起こる危険があります。
この方法を使う前提として、送信者との間に高い信頼関係が必要です。

FAXと同じように、サッとつないで、パッと送り、終わったらきれいサッパリ.....
しかも軽い!.....ついでに安い!.....理想は、コレですよね!
そんな都合のよい魔法のような方法は.....っと

ホームページからJPGなどの画像を登録できることをご存知ですか?
この機能をアレンジすると、CSV形式の表を遠隔地のデータベースに渡すことが可能になります。
httpの通信は遮断され難いので、多くの場合、ルータ等の通信機器に特殊な設定は不要です。
しかも、送る側のパソコンに必要なのはブラウザだけです。
既にブラウザが使える状態なら、何もインストールする必要はありません。
ブラウザなので、複数の送信先への接続もhttpのアドレスを変えるだけで可能です。
アプリケーションで表を作成していれば、僅かな改造で、ファイル出力に変更できるでしょう。

今では、月額固定の料金でインターネット回線を常時利用できるオフィスは珍しくありません。
月額固定の料金なら、FAXと違って従量的な課金は無いので、いくら使っても実質0円です。
受け取った情報はデータベースに蓄えられ、後続の処理で思い通りに活用できます。

試しにASPで作ってみました。ココでテスト(紙芝居)できますので、興味のある方はご覧下さい。
httpサーバはIISで、BASP21を利用させて頂いています。

『Microsoft Web Browser』の利用と連携すると、送る操作を簡略化することも可能です。
受ける側もASPなどで、フォーマットや整合性など、ある程度のチェックは行えます。
システム間のリンケージなどで、データの整合が保証できる場合、受信の操作は省略可能です。

一般的な多くのプロバイダ契約で、ルータやOSの設定だけでhttpサーバを開設できます。
お使いの環境によっては、ハード的な追加無しに仕組みを実装できるかも知れません。
もし必要でも、大きな負担にはならないと思います。
WindowsとBASP21だけで、ここまでの機能が実現できることに感動しました。

しかし、稼動させるには、利用するOSや通信機器などに対する知識が必要になります。
httpサーバを立ち上げ、データベースと連携するためには、幾つかの設定が必要です。
固定のグローバルIPアドレスが無い場合、ダイナミックDNSなどの対策が要ります。
受ける側のセキュリティ対策が特に重要で、失敗すると重大なダメージを受ける危険を伴います。
渡す内容によっては、httpsなどで暗号化した方が安全でしょう。
不審なアクセスに備え、ログも辿れるようにした方が良いでしょう。
mdbのように簡単には動きませんし、httpサーバは外部に開かれているので危険を伴います。
環境やニーズに応じた知識と、リスクを理解された上での対策覚悟が必要です。
環境の問題で動かない、または危険な状況に陥ることが懸念されるので、ソースは公開致しません。

JPGなどの画像をデータベースにアップロードする知識をお持ちなら、作成は可能だと思います。
最大の注意点は、セキュリティホールを開けないことです。
仕組みを理解する人をなるべく少人数に留め、密かに行うことも定石だと思います。
IPアドレスによるフィルタリングhttpsも、多少手間や費用は掛かりますが、効果的です。

コスト削減効果はケースによって異なりますが、僅かな費用で大きな効果を出せることもあります。
お使いの環境や目的によって、最適な手法は異なります。
状況を監視して、問題が見つかった場合、対処できる体制を確保しておくべきでしょう。
メールでのお問い合わせには、無償&無補償で、できる限りお応え致します。
もちろん、有償でのご相談にも応じます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ご意見、お問い合わせは → 

httpサーバを経由したデータ共有のメリットと危険性について

ACCESSの使い方トップページ



〒745-0801 山口県周南市大字久米327-145
中川システム開発 ホームページ
Tel(0834)28-0205 Fax(0834)28-1272